レンジを使用する際の注意点

容器が破損する危険性

耐熱でない容器をレンジで加熱すると、壊れるので絶対にしないでください。
加熱する前に、耐熱容器なのか確認しましょう。
容器の裏面に、レンジを使用できるのか書かれていると思います。
最悪の場合はレンジの中で爆発して、大惨事になります。
食材が散らかるので、後片づけが面倒でしょう。
しかしきちんと散らかった食材を拭かないと、焦げ付く原因になります。

最初からトラブルが起こらないように、耐熱容器を使用しましょう。
最近はレンジで調理する方法が流行っています。
ですから耐熱のタッパーが登場して、人気を集めています。
タッパーに入れたまま加熱できるので、時短レシピに欠かせません。
耐熱のタッパーを購入することをおすすめします。

竹串で確認しよう

レンジで加熱したら、野菜に竹串を指してください。
スムーズに入るぐらい柔らかくなれば、料理に使用できます。
まだ竹串が刺さらない場合は、時間が足りないのでもう少し加熱しましょう。
使用する野菜を大きく切っている場合は、普段より加熱時間が長くなります。
しかしたくさん加熱すると、火が通りすぎておいしくなくなってしまいます。

何分レンジで加熱すれば良いのかわからない人は、少しずつ加熱しましょう。
こまめに火が通ったか確認すれば、ちょうど良い柔らかさになります。
また時短を目指すなら、なるべく野菜を小さめに切ると良いですね。
すると根菜でもすぐに火が通るので、鍋で煮ることができます。
すばやく作るために、そのような工夫もしてください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る