面倒な煮物作りを簡単にしよう

ダイコンなどの根菜を煮る時は、かなり長時間煮なければいけません。
時間が掛かるので、下茹でをする時はレンジを使うのが良い方法です。
野菜の皮を切って、食べやすい大きさに切ってください。
それから、レンジで8分ほど加熱します。
すると根菜が柔らかくなっているので、鍋で煮る時間がかなり短縮されます。
この方法なら、様々な煮物に応用できます。
時間がなくて煮物を作る機会がなかったり、面倒に感じていた人は実践してください。
料理のレパートリーを増やしましょう。

レンジで加熱する際は、必ず耐熱容器を使ってください。
耐熱でない容器を使用すると、加熱している最中に容器が割れてしまう可能性があります。
またレンジの中で、野菜が爆発するかもしれません。
非常に危険なので、耐熱容器なのかきちんと確認してください。
野菜の種類や大きさによって、加熱時間が微妙に変わります。
加熱が終わったら、竹串などで刺して確認してください。
竹串がスムーズに刺さるぐらいの柔らかさになれば大丈夫です。

たくさん作っていれば、作り置きおかずになる面も嬉しいですね。
料理ができない時でも、煮物があればおかずになります。
また、お弁当のおかずにも使用できます。
朝にお弁当用のおかずを作っていると、時間がなくなってしまいます。
事前に作っておいて、お弁当作りを楽にしてください。
煮物をお弁当に入れる際は、汁がこぼれないように注意しましょう。
なるべく汁を入れないでください。

忙しい人にも向いている

時間が掛かるというイメージの大きい煮物ですが、工夫すれば短時間でできます。 時間がない時でも大丈夫なので、レンジを使ったレシピを覚えてください。 レンジで、前もって根菜類に火を通していれば煮る時間を短縮できます。 味も染みているので、メリットが多いです。

レンジを使用する際の注意点

野菜を事前にレンジで加熱するだけなので、非常に簡単な方法です。 しかし1つだけ注意してほしいのは、耐熱容器を使用することです。 違う容器に野菜を入れて長時間加熱すると、容器が壊れる危険性があります。 また加熱時間は、具材やレンジによって変わります。

前もってたくさん作っておこう

料理ができない時に、作り置きおかずがあれば助かります。 仕事で忙しい人は、帰宅してから料理をするのは大変です。 前もって煮物を作っておきましょう。 またたくさん作っていれば、お弁当のおかずにも活かせます。 朝の忙しい時間を、ゆっくり過ごせるでしょう。

▲ページTOPへ戻る